肩凝り、腰痛、膝痛などの不定愁訴でお悩みの方は、接骨院や整体で運動を

すすめられた経験がおありなのではないでしょうか。


デスクワークなどで長時間同じ姿勢を続けると、筋肉が萎縮して血行が

悪くなり、肩や腰などに疲れがたまって、痛みとして現れます。

また、筋力が低下すると、腕や頭、上半身の重みを肩、腰、膝の筋肉が

支えきれず、肩こり、腰痛、膝痛になりやすいといえます。


したがって、

・筋肉を活性化させて血行を促し、回復力を

アップさせる。

・自分の体の重みを支えられるように、筋力をアップする。


という点で、運動は不定愁訴ケアの基本なのです。

不定愁訴対策にはどんな運動が良いかというと、簡単な体操だけでも

ある程度は効果がありますが、加圧トレーニングならより効果的なケアが

望めます。


●血流の制限・解放による血行促進効果


加圧トレーニングは、専用のベルトで血流をセーブした状態で

トレーニングを行います。その後、圧力を抜くと一気に血液が流れ

滞っていた老廃物なども押し流されて血行が促進され、新陳代謝も

促されます。つまり、疲れが回復しやすい状態、コリにくい体になる

訳です。

●関節に負担をかけない筋トレ効果


腰痛予防のために運動が良いといわれても、腰が弱いと運動そのものに

恐怖感を覚えてしまうもの。「腰痛予防のためのトレーニングで腰を痛めて

しまった」というようなこともあり得ます。


膝痛の方でも加圧トレーニングなら、関節に負担をかけずに脚の筋トレが

可能です 特に腰痛、膝痛は筋力の低下から生じることが多く、筋力アップに

よって関節への負担を軽減できるのですが、一度痛みが出てしまうと充分な

トレーニングができず、どんどん悪い状態になってしまいます。


そこで加圧トレーニングの「軽い負荷で重たいウエイトを使うのと同等の

効果が得られる」という特徴が生きてきます。筋肉による支えが不足して

いる肩、腰、膝に過度な負荷をかけることなく、安全にトレーニングできる

のが加圧トレーニングです。


●専門家の指導で安全にトレーニング


肩こり、腰痛、膝痛ケアとして運動は基本と書きましたが、むやみに

トレーニングすると余計に症状がひどくなることもあります。まずは

柔軟性を取り戻し、周囲の筋肉から徐々に適度な運動刺激を与えて、と

専門的な知識に基づいた適切なトレーニングを行ってこそ、運動は

不定愁訴の緩和になり得るのです。


当プラザでは、肩こり、腰痛などに対応する加圧トレーニングプログラムを

ご用意しており、マンツーマン指導で安全にトレーニングして

いただけます。不定愁訴でお悩みの方、快適な体を手に入れたい方

腰などに不安があるけど体を鍛えたい方など、ぜひ一度ご来店の上

ご相談ください。





コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL