肥満は、成因により、

クッシング症候群など他の疾患や

ステロイドホルモンのような薬剤服用に

起因する症候性肥満と、

その原因が特定できず、食事の過剰や運動不足などに

由来する単純性肥満に分類されます。

症候性肥満の場合、それぞれの原因疾患の

治療いかんにかかっていますが、

単純性肥満の場合、運動が効果があるといわれています。

(肥満の大部分は単純性肥満です)



大学の先生方も様々な実験で

確認しているようです。


例えば、軽・中等度の身体トレーニングを

1年間継続させた実験を行ったところ、

軽い運動なので、体重は変化しませんでしたが、

糖・脂質代謝面でインスリン感受性

(簡単に言えば、インスリンが良く効く状態。

インスリンがうまく効かないと、血糖値が

うまく下がりません。)が、

明らかに改善した、とのことです。


このことから、

「身体トレーニングの長期実施は、

体重減少の有無にかかわらず、

インスリン感受性を高める。」

そうです。


やはり、血糖値のコントロールには

運動が

必要なんですね。


体重が減らないからと言って挫折せず、

続けることが大切です。







コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL