肥満の方がどのくらい

運動すればよいか!!

というのは、非常に気になるところです。

(生活習慣病予防の目的で行う運動は、

全身を用いる有酸素運動が良いとされています。)


「一般的には

インスリン感受性の改善で代表される

トレーニングの効果は、

3日以内に低下し、

1週間でほとんど消失します。」

(通常のトレーニング効果は、2週間で

消失するといわれています。)


このことから、

1回10分〜60分を週3〜5日以上行うと

良いようです。


結構な時間です。


確かにこれだけの時間が運動で確保できれば

改善していくでしょう。


しかし・・・、

う〜ん。

一般の方にこんな時間を確保できるでしょうか。

例えば、バスや地下鉄を1駅前で降りて歩いたり、

エレベーターをやめて階段を使ったり・・・、

工夫すれば、何とか確保できるかもしれません。

でも、

なかなか続かない・・・。


ましてや、最近よく言われる、

1日1万歩(最低7,500歩)を

歩くというのは・・・大変です。


そうすると・・・。


普段の生活で

‖綣佞鬚△欧襦

⇒酸素運動でも、より代謝をあげる。

など、今までよりも

代謝をあげることが大事になってきます。


代謝を上げるためには・・・、

そう、筋肉をつけることです。

筋肉がつけば、普段の生活でも代謝が上がります。

代謝が上がれば、太りにくい体になる!!


やっぱり、筋トレは必要です。

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL