加圧ベルトは一見、

腕や脚を縛るだけの単純な物に思えますが、


緻密な理論を元に開発されています。


重要なのが、その伸縮性。


トレーニングをしていると、


ベルトを巻いている腕や脚の周囲径が


一時的に太くなります。


ベルトに適度な伸縮性がないと


圧力を一定キープできず、


血流を完全に止めてしまう、


いわゆる止血状態になる


可能性もあります。


この状態でトレーニングを行うと、


血栓ができ、肺塞栓などを起こす恐れがあり、


非常に危険です。


なので、決して見よう見まねで


代用品を使ったトレーニングをしないでください。



最も手軽なベルト・・・


5層構造の手巻き式タイプ。


薄くて軽く、動きやすいので


有酸素運動や競技フォームで行う


トレーニングに向いています。


適度な伸縮性を持たせるために、


初期の加圧ベルトは


ウェットスーツに用いられている


ネオプレンを使用していました。


このネオプレン製のベルトに



様々な改良が加えられ、



現在では装着感、耐久性などを考えた



特殊5層構造の生地が使用されています。



現在、ジムなどでメインに使われているのは、



空圧式のベルトです。


これは空気を入れるための


チューブを内蔵しており、


ベルトをコンプレッサーに接続することにより、


ボタンひとつで圧力を制御できます。


手で締める強さによってのみ


圧力を調整する手巻き式に比べ、


装着感がソフトで、


また、トレーニング内容に合わせて


手早く圧力調整ができる、


こまめに除圧できるなどの利点があります。


これの登場によって加圧トレーニングは


大きく進化し、


高齢者トレーニングやリハビリなど


幅広く応用されるようになりました。


当プラザでは最新の空圧タイプの他、


手巻き式なども用意し、


トレーニング内容に併せて使い分けています。


コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL