そろそろ、寒い冬がやってきます。
最近では、冬になると手足が凍ったように冷たくなっている方も珍しくありません。
中には、感覚がなくなるほど冷え切った方もいらっしゃいます。

動物は本来、寒くなると下がろうとする体温を一定に保とうとして、
熱を産生(生み出す)します。
簡単にいえば、この熱が体を温めてくれるわけです。

昔、理科で習った「ホメオスタシス」ですね。

しかし、熱産生がうまくいかないと、生み出すエネルギーが少なくなり、
体を温められなくなります。

これが冷え症の一つの原因と考えられます。

この「冷え性」を解消してくれる大きなカギとなるのが、「血流」です。
血液は酸素と栄養を運ぶ役目を果たしています。
血流が良くなれば、細胞の機能が向上し、新陳代謝が活発になり、体温も上昇します。

血行を良くするものは様々ありますが、
加圧トレーニングは冷え性を解消する良いトレーニング方法です。
加圧トレーニングは、筋肉を鍛えるだけのもの・・・と思われがちですが、
それだけではありません。
加圧トレーニングは、血管のトレーニングでもあるのです。

これまで、手軽に血管を鍛えることが難しかったのですが、
加圧トレーニングによって血流を適度に制限することによって、
血管の拡張・収縮機能を取り戻すことができるのです。

そうすれば、血管の弾力がもどり血流量も増えますので、
新陳代謝が活発になり、冷え症の改善を促進してくれます。

もちろん、加圧トレーニングを行うと筋肉量も増大しますので、
基礎代謝も上がり、いわゆる「温かい身体」を手に入れることができるのです。
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL