ここ2~3ヶ月は

色々な食のブームがありました。

インフルエンザ予防にいいと言われたヨーグルト「R-1」

ダイエットにいいと言われた「トマト」

変わり種では「塩麹」・・・・。




トマトはもともとリコピンによる

抗酸化作用で有名でした。

抗酸化物質は

老化防止に効くということで

最近では様々なサプリメントが出ています。



そんなトマトについて

某大学の研究で

ダイエットに効果があるかもしれないということで

一時期爆発的にトマト関連商品が売れました。

今でも売れているのでしょうか。




もうすぐ5月ですが、


5月は紫外線思ったより紫外線の多い時期です。

紫外線を浴びた時は、体に活性酸素が発生します。

御存じのように

活性酸素は老化を促進させます。

もちろん、紫外線だけでなく

たばこやストレスなどでも発生します。

この活性酸素の除去に

抗酸化物質は非常に有効です。



以前は、抗酸化物質はそれぞれ独立して

活性酸素と戦うと思われていましたが

最近では

チームプレーで

戦っているということがわかってきました。



抗酸化物質のチームプレーとは

簡単にいえば

活性酸素と戦って

不活性になった抗酸化物質を

他の抗酸化物質が助けて

再び活性化するというものです。


その代表的なものが

ビタミンC

ビタミンE

アルファリポ酸

コエンザイムQ10

です。



どれか一つ欠けても

効果は低下しますので

これらを組み合わせて摂取することが

老化防止を考える上で大切です。



関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL