カフェインは昔から眠気防止や

疲労除去の効果があるといわれています。



また、

カプサイシンと同様

ダイエットにも効果的です。

これらの成分は

脂肪細胞を「脂肪酸」に分解する過程を

活性化させます。


この分解がスムーズにいくと

ダイエットが効率よく行えます。

(もちろんその他の過程もスムーズでなければなりませんが)




ただし、最近の報告では

カフェインと

骨粗しょう症の関係が報告されています。

カフェインは

カルシウムの放出作用があり

骨のカルシウムを

遊離させる作用があります。



そのため

コーヒーを

1日3杯以上飲むと

骨粗しょう症の

原因になることが

報告されています。



関連する記事